ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、アーティストの草間彌生とコラボレーション。2023年1月、世界各国のルイ・ヴィトン ストアにて、レザーグッズを含むコラボレーションの概要が本格的に披露される。 ルイ・ヴィトンと草間彌生は、2012年に初コラボレーション。草間彌生のアートの代表的なモチーフである水玉模様を落とし込んだ、多彩なアイテムを販売した他、エキシビションやユニークなウィンドウ・ディスプレイもダイナミックに展開。草間彌生自身をモデルにした、まるで生きているかのようなマネキンも登場するなど、ユニークでエネルギッシュなタッグを見せた。 初コラボレーションから10周年を記念して、ルイ・ヴィトンと草間彌生が再びコラボレーション。第2章となるコレクションを展開する。 コラボレーションアイテムの一部レザーグッズは、ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールが手がけるルイ・ヴィトン 2023年リゾートコレクションのショーにて先行披露された。 ルイ・ヴィトンのシグネチャーバッグや新作に、草間彌生が強いこだわりを持つ水玉模様をあしらい再解釈。絵具で描いたようなタッチのマルチカラードットが彩るモノグラム・キャンバスのバッグや、立体的なメタルのドットを散りばめたレザーバッグなどが登場した。 今回のコラボレーションでは、これらのレザーグッズに加え、ルイ・ヴィトンで展開している全カテゴリーを網羅するアイテムを展開予定。コラボレーション概要は、2023年1月に発表される。