プラスチックとともに
With Plastics

リサイクル

RECYCLING

丸喜産業のリサイクル

  • 創業当時より資源循環型社会を目指して取り組んできた実績のある主要事業。
  • お客様のご要望にお応えし、新たな製品として生まれ変わります。
  • お客様のもとにあるリサイクル材としてご利用になる樹脂を引き取り、樹脂の選別から粉砕、必要に応じて着色をしたあとペレット加工を行い製品として出荷します。
  • オフグレード品やロール、フィルムやランナーなどご依頼をご検討でしたら、一度ご相談ください。

リサイクルの流れ

プラスチックは日常にあふれている

 プラスチックは私たちの生活において様々な製品に形を変え、欠かすことのできない資源のひとつです。例えば、自動車は内外装をはじめ色々な部品にプラスチックが使われています。近年では強度を持ったプラスチック部品に変えることで大幅な軽量化が実現し、燃費の向上が進んでいます。また建材では断熱材などに利用され機密性が高くなることで、冷暖房に使用するエネルギーの削減に貢献しています。最も身近なものでは、食品や医療などの分野でプラスチックの特性を生かした多種多様な容器や包装に使用されています。こうしたプラスチックの利用は、エネルギー消費量やCO2などの環境負荷を抑えエコに役立っています。

プラスチックのリサイクル方法

 私たちの身近な存在となっているプラスチックは、製品として一度使用された後も限りある資源として再利用されます。プラスチックのリサイクル方法には大きく分けて3つに分類できます。1つ目は再びプラスチック製品として再利用するマテリアルリサイクル。2つ目は化学的に分解することで化学原料に再生する ケミカルリサイクル。3つ目に焼却することで得られるエネルギーを回収したり固形燃料に変えるサーマルリサイクルと呼ばれる以上3つの方法です。丸喜産業では、もう一度プラスチック製品として再利用するマテリアルリサイクルで社会に貢献しています。

プラスチックとこれからも

 近年、海洋プラスチック問題など環境への影響が問題となっています。プラスチックの普及により多くの恩恵を受けてきましたが、一方で廃棄物として流出したものが処理されずに海岸などに漂着したり、分解されずに自然界にそのまま放置されたものにより生態系に及ぼす影響が懸念されるなど課題もあります。これからもプラスチックと向き合い、環境への配慮を信念とした新たな技術開発をこれからも続けてまいります。今までマテリアルリサイクルされなかったものも再び利用できる製品づくりをお客様と共に考えていきます。

お問い合わせ

CONTACT

プラスチック原料の販売・着⾊加⼯・原材料お引取りに関して、
お気軽にお問い合わせください!

TEL 0766-36-1464
FAX 0766-36-1429